リスクコンサルタント 京都市西京区シーガル
コンセプト
業務内容
社長のコラム
法律豆知識
料金体制
会社概要
お問合せ
リンク集
個人情報保護法
サイトマップ
社長のコラム
プロフィール 代表取締役 池田伸
京都市出身。自分自身が遭遇したトラブルがきっかけで、もっと紳士的に、合法的に世の中の問題を解決することはできないか考えるようになり、独学で民法を学び、金融業を経てシーガルを設立。現在、愛犬と暮らす。愛犬のうち1匹は警察犬。人々を助け、多忙な活躍を続けるシェパード「ジェニー」のわずか年3回の帰宅が待ち遠しい日々。犬の障害物競走「アジリティ」にも出場し、犬と心を通わせることが大きな喜び。写真
写真
自宅療養?

TVの新型コロナ関連ニュースでは、自宅療養中に亡くなるケースは今ではもうニュースにならないほど減少しています。
感染がピークの今年の夏頃には「自宅療養」という言葉が常に使われていました。
が、早い話実態は医療機関等が手が回らないから「自宅放置状態」ということです。
いつどこで自分自身が感染するか分からないコロナ。

それも感染したら放置されると怯えている20代30代の、特に一人暮らしの若者が都市圏には多数いました。
1日でも早くワクチン接種を受けたいのに、当初ネット予約はいっぱいでなかなか予約も難しい状態です。
何の治療もせず、放置されているだけなのに「自宅療養」という呼び名で呼ばれている人達は、いつ容態が急変するかと不安だらけだったと思います。
実態は「移民」状態なのに「在留外国人」と呼んでいるのと同じで、ネーミングを変えることで「自宅療養」にすると状況がまるで違って見えます。

「医療崩壊」という言葉もマスコミでよく使われていますが、崩壊しているのはコロナ患者を受け入れているごく一部の病院だけで、日本の医療機関の大多数を占める個人の開業医や私立病院などはコロナ以前と同じ全く普段どおりで少しも崩壊などしていません。
このような「自宅療養」とか「医療崩壊」などの実態とはかけ離れた状態で、その言葉だけが独り歩きしている気がします。

何だか印象操作されているようです。

 
 
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月翌月
19日:ソーシャルディスタンス
12日:自宅療養?
04日:時代
 
 
株式会社 シーガル 〒615-8033 京都市西京区下津林東大般若町1番地 セジュール GAIA 4F
TEL 075-391-4444  FAX 075-391-4455 
copyright(c)2005 Seagull&Co,All Rights Reserved.