リスクコンサルタント 京都市西京区シーガル
コンセプト
業務内容
社長のコラム
法律豆知識
料金体制
会社概要
お問合せ
リンク集
個人情報保護法
サイトマップ
法律豆知識
こんなとき、どうしたら…とお困りの時に
役立つ情報を集めました。問題解決のために是非ご活用下さい。
一覧に戻す
 シーガルの刑事事件豆知識
  シーガルのプロスタッフが法律用語や法律のしくみをわかり易く解説!
懲役と禁錮
刑罰の種類
脅迫?恐喝?強要?
共同正犯
告訴と告発
未遂犯の種類
警察庁と警視庁
証拠の種類
国選弁護士と当番弁護士
牽連犯
村八分
地面師
家宅捜索
未決勾留
被告人の権利
親告罪
書証
親族相盗例
 
牽連犯
 
ある犯罪の手段若しくは結果たる行為により他の犯罪に触れる場合を牽連犯といいます。
 例えば「他人の家に忍び込んでお金を盗んだ場合」他人の住居に忍び込んだ点が住居侵入罪であり、お金を盗みだした点が窃盗罪となって二つの罪を犯した結果が生じますが、住居侵入罪が手段であり窃盗罪が結果ということになります。
 住居に入ったことが窃盗の手段である場合、住居侵入と窃盗は牽連犯となります。牽連犯は科刑上一罪として処罰され、したがって、最も重い刑をもって処罰されます。
 
株式会社 シーガル 〒615-8033 京都市西京区下津林東大般若町1番地 セジュール GAIA 4F
TEL 075-391-4444  FAX 075-391-4455 
copyright(c)2005 Seagull&Co,All Rights Reserved.