リスクコンサルタント 京都市西京区シーガル
コンセプト
業務内容
社長のコラム
法律豆知識
料金体制
会社概要
お問合せ
リンク集
個人情報保護法
サイトマップ
法律豆知識
こんなとき、どうしたら…とお困りの時に
役立つ情報を集めました。問題解決のために是非ご活用下さい。
一覧に戻す
 薬物問題
  近年国内のみならず世界中で大きな社会問題となっている薬物(ドラック)についてシーガルのスタッフが対処法など解説します。
近年の薬物情勢
覚せい剤
覚せい剤を断つ!
 
近年の薬物情勢
 
近年の国内薬物情勢については、警察庁が、平成16年中の特徴的傾向として

[覚せい剤事犯]
 検挙人員が減少しているものの、密輸入事件が急増し依然として相当量の押収があるなど、根強い需要が認められる。

[大麻事犯]
 検挙人員が過去最高となり、押収量も大麻樹脂が過去最高、乾燥大麻は過去3番目となり、20歳代を中心に乱用の拡大が進んでいる。
 
[MDMA等錠剤型合成麻薬事犯]
 検挙人員、押収量ともに過去最高となり、20歳代を中心とした若年層への乱用の拡大が顕著である。
 
と発表しております。

 かつて薬物で摘発されるのは暴力団関係者と相場が決まっていました。一般の市民にとってはあまり縁のない存在であったことも確かです。しかし最近では大学生のみならず高校生や中学生の若年齢層や主婦、OL等、今まで覚せい剤と関わりがなかった一般の市民層まで広がりを見せております。
 また覚せい剤の使用方法も「注射」からあぶったり、飲んだりする方法の使用に変わってきておりますし、若者の間では手軽に使えて罪悪感のない大麻やMDMA等錠剤型合成麻薬が爆発的に広がりを見せております。

普通の学生やサラリーマン、OLらに広がりを見せている今日の情勢をかなり深刻に捕らえなければなりません!
 
株式会社 シーガル 〒615-8033 京都市西京区下津林東大般若町1番地 セジュール GAIA 4F
TEL 075-391-4444  FAX 075-391-4455 
copyright(c)2005 Seagull&Co,All Rights Reserved.