リスクコンサルタント 京都市西京区シーガル
コンセプト
業務内容
社長のコラム
法律豆知識
料金体制
会社概要
お問合せ
リンク集
個人情報保護法
サイトマップ
社長のコラム
株式会社シーガル代表
 
プロフィール 代表取締役 池田伸
京都市出身。自分自身が遭遇したトラブルがきっかけで、もっと紳士的に、合法的に世の中の問題を解決することはできないか考えるようになり、独学で民法を学び、金融業を経てシーガルを設立。現在、愛犬と暮らす。愛犬のうち1匹は警察犬。人々を助け、多忙な活躍を続けるシェパード「ジェニー」のわずか年3回の帰宅が待ち遠しい日々。犬の障害物競走「アジリティ」にも出場し、犬と心を通わせることが大きな喜び。 警察犬ジェニー
阪神大震災
あれから26年という月日が経とうとしています。
1月17日午前5時46分、M7.3の地震が阪神地方を中心に発生。
震度7を記録した神戸ではビルや高速道路が倒壊しました。
市内各所で火災が発生して、死者・行方不明者6400人余り、住宅の全半壊は約24万棟余り。
道路、鉄道、電気、ガス、電話などライフラインは寸断され機能せず、大都市を襲った激しい災害でした。
悲劇は繰り返されるのだろうか?
東日本大震災もあり、最近では火山噴火もあり、この国ではいつどこで災害に会うか分からないと意識していなければならない。
どの震災でも多くの人が亡くなり、たくさんの悲しみが生れました。
歴史を見ると、その悲劇はまた繰り返される。
次はいつどこで何が起こるのか?
今年の様に、自然災害以外の新型コロナウィルスも、一種の災害です。
世界的に、地震よりも桁違いに多くの人が亡くなり、多くの悲劇が生れてます。
今は、地震よりもウィルスのほうが発生確率が高いかもしれません。
 
 
2021年 1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
前月翌月
17日:阪神大震災
10日:えべっさん
06日:コロナ禍の新年
01日:謹賀新年
 
株式会社 シーガル 〒615-8033 京都市西京区下津林東大般若町1番地 セジュール GAIA 4F
TEL 075-391-4444  FAX 075-391-4455 
copyright(c)2005 Seagull&Co,All Rights Reserved.