リスクコンサルタント 京都市西京区シーガル
コンセプト
業務内容
社長のコラム
法律豆知識
料金体制
会社概要
お問合せ
リンク集
個人情報保護法
サイトマップ
社長のコラム
株式会社シーガル代表
 
プロフィール 代表取締役 池田伸
京都市出身。自分自身が遭遇したトラブルがきっかけで、もっと紳士的に、合法的に世の中の問題を解決することはできないか考えるようになり、独学で民法を学び、金融業を経てシーガルを設立。現在、愛犬と暮らす。愛犬のうち1匹は警察犬。人々を助け、多忙な活躍を続けるシェパード「ジェニー」のわずか年3回の帰宅が待ち遠しい日々。犬の障害物競走「アジリティ」にも出場し、犬と心を通わせることが大きな喜び。 警察犬ジェニー
残暑見舞い。
お盆休み明け、もう来週は9月だからなのかバタバタと仕事の忙しさと夏バテが重なって、ちょっとヘロヘロです。
そろそろ季節が変わって行ってもおかしくはないのですが、変化の兆しが全く感じられません。
今年の夏は、気象記録更新で猛暑日がいつまで続くのか?
連日連夜、列島各地で記録的猛暑が続いています。
連日全国で35度以上の猛暑日を記録していて、気象庁は9月の中旬頃まで残暑が続くとしており、秋の到来はまだまだ遠そうです。
だいたい、体温と同じような気温という温度は、もう人間が住める温度ではないような気がする。
もしエアコンが無かったら、こんな気温の地域には人は住まなくなっていたかもしれない。
暑さを避けて北のほう移住していって、東北地方や北海道に人口が集中しているかも?
そうなると、北海道は、首都圏並みの人口密集地帯になっている・・・
一方で関東以西では、猛暑の為人はほとんど住まず、過疎化が進んでいき、東京や大阪は過疎地で、大都市には人の姿が無く、ゴーストタウン化しているかもしれないし、地域によっては酷暑で居住禁止区域に指定されるかも?ですね。
こんな非現実的な事を言ってますが、今夜も熱帯夜の熱帯夢でおまけにコロナ禍は現実です。
 
 
2020年 8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
前月翌月
27日:残暑見舞い。
17日:真夏の思考
16日:五山の送り火
06日:夏バテ
03日:コロナの夏
 
株式会社 シーガル 〒615-8033 京都市西京区下津林東大般若町1番地 セジュール GAIA 4F
TEL 075-391-4444  FAX 075-391-4455 
copyright(c)2005 Seagull&Co,All Rights Reserved.