リスクコンサルタント 京都市西京区シーガル
コンセプト
業務内容
社長のコラム
法律豆知識
料金体制
会社概要
お問合せ
リンク集
個人情報保護法
サイトマップ
社長のコラム
株式会社シーガル代表
 
プロフィール 代表取締役 池田伸
京都市出身。自分自身が遭遇したトラブルがきっかけで、もっと紳士的に、合法的に世の中の問題を解決することはできないか考えるようになり、独学で民法を学び、金融業を経てシーガルを設立。現在、愛犬と暮らす。愛犬のうち1匹は警察犬。人々を助け、多忙な活躍を続けるシェパード「ジェニー」のわずか年3回の帰宅が待ち遠しい日々。犬の障害物競走「アジリティ」にも出場し、犬と心を通わせることが大きな喜び。 警察犬ジェニー
コロナウィルス
中国から発生したコロナウィルスが、今は全世界中に拡散した。
中国の言いなりになったWHOなど、中国という国が世界にとっていかに脅威で危険な存在かを人類が知るようになりました。
いま中国が向かっている先は危険過ぎる。
世界全体の脅威だ。この何十年間、先進諸国はいずれは民主化するという前提で中国を甘やかしてきた。
他方で途上国は「次代の大国」に翻弄されている。
だいたい、今日まで中国を「甘やかしてきた」事が間違いだった。
おまけにODAをはじめとする多種多様な「援助」までしてきている。
中国に進出している日本企業や日本人がたくさんいてます。
当然、日本でも経済重視する派閥は、中国寄りになりますし、旧民主党系の左派なんかは中国にどっぷりです。
唯一、中国に対して批判的なのは、経済よりも安全保障を重視する人達です。
が、WHOのように中国に牛耳られている団体を、朝日新聞を始めとするマスコミ各社は、安全保障を重視する組織を、執拗に叩いている様に思う。
中国がどれほど危険なのかは、今のWHOの発言を聞くと火を見るよりも明らかです。
WHOが中国寄りだと明白になった後でも、何も変わらないのがわかりません
 
 
2020年 4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
前月翌月
30日:コロナウィルス
21日:慌てずに・・・
10日:非常事態宣言
06日:新型コロナ
01日:コロナウィルス
 
株式会社 シーガル 〒615-8033 京都市西京区下津林東大般若町1番地 セジュール GAIA 4F
TEL 075-391-4444  FAX 075-391-4455 
copyright(c)2005 Seagull&Co,All Rights Reserved.