リスクコンサルタント 京都市西京区シーガル
コンセプト
業務内容
社長のコラム
法律豆知識
料金体制
会社概要
お問合せ
リンク集
個人情報保護法
サイトマップ
社長のコラム
株式会社シーガル代表
 
プロフィール 代表取締役 池田伸
京都市出身。自分自身が遭遇したトラブルがきっかけで、もっと紳士的に、合法的に世の中の問題を解決することはできないか考えるようになり、独学で民法を学び、金融業を経てシーガルを設立。現在、愛犬と暮らす。愛犬のうち1匹は警察犬。人々を助け、多忙な活躍を続けるシェパード「ジェニー」のわずか年3回の帰宅が待ち遠しい日々。犬の障害物競走「アジリティ」にも出場し、犬と心を通わせることが大きな喜び。 警察犬ジェニー
リタイア後
サラリーマンの定年後の、夫婦の関係について書かれているサイトを見つけました。
これまで会社人間だった旦那さん、定年後は奥さんと一緒に旅行などに行きたいのに、奥さんは女友達と遊びに行きたいということだそうです・・
今迄よく言われてきたのは「亭主、元気で留守がいい!」と、これまでは言われていましたが、今は少し変わって「亭主、元気で留守番がいい!」らしいです。
1字多いだけで、まったく違う意味合いの言葉に変わるとは?笑ってしまいました。 (^Q^)/゛
定年後、家でゴロゴロしている旦那さんに、奥さんが犬と散歩にでも行ったらと勧めると「犬も嫌がる1日5回の散歩」と、なるそうです。
団塊の世代が65歳になって一斉に現役を退いている昨今、家庭での生活が大きく変わり、多少なりとも問題になってる様です。
男の場合ただの「ダメ親父」ですが、女性の場合は、これまでオバタリアンとして多くの経験をして来られたので何も心配いりませんが、会社以外に活躍の場を持たない男の場合は、ホントに大変だと思います。
最近言われている、アクティブシニアとオバタリアンはどう違うんだろう…。
男の場合は定年後の生活は、早めに考えておかないといけませんね。
 
 
2018年 6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前月翌月
29日:私立大学
20日:炊飯
16日:輝き
12日:リタイア後
07日:梅雨は?
04日:カステラ
 
株式会社 シーガル 〒615-8033 京都市西京区下津林東大般若町1番地 セジュール GAIA 4F
TEL 075-391-4444  FAX 075-391-4455 
copyright(c)2005 Seagull&Co,All Rights Reserved.